はにわな気持ち。

粘土細工さんの脳内アウトプット

デートとか

今日はあの人とアレです。

特に変わったことはないです。そう、あのときまでは。



とりあえずお台場をうろちょろ。

ちっこいあの人と歩く。

今日はお気に入りのサンダルだそうだ。

でもとても歩きにくそう。んでコケられても困るので手をつなぐ。

ちょっとドキドキしたけど。

パレットタウンヴィーナスフォート、フジテレビなど定番なスポットを回る。

来るのもイヤなカンジなお台場がそれなりに楽しく思えた。



寒くなってきたのでクルマに戻り「どこ行こうか〜?」と。

できるだけ行ったコトの無い場所に行こうと思い

「東京タワー」に行くことになった。



時刻は夜の10時。周りはすっかり暗くなり、気温もだいぶ下がっていた。

俺はあの人の手を取り東京タワーへの坂をのぼっていく。

新しいサンダルに格闘しつつもあの人はついてきてくれた。



もう入場はできなかったが真っ暗の夜空にそびえ立つ東京タワーは圧巻だった。

普段、首都高からのぞく東京タワーとはちがった威圧感があった。

下でクレープを食いクルマに戻る。

地図をみながら「どこ行こうか〜」と話す。

なぜか「帰ろう」という選択肢はでてこなかった。

帰りたくなかったからそれでよいのだが。



時間も時間なので夜景がきれいな羽田空港へ行くことにした。

・・・がさんざん迷って入ったのにすぐ「閉館です」と言われてしまった。

屋上の駐車場でなんとなく抱きかかえてみたら意外に軽かった。

なんてまぁよくありそうなコトをしつつ首都高を戻る。

国道20号線にもどりあの人を送っていこうとする。

・・・・・・・・しかし・・・眠い。



眠い。

眠そうにしていると「泊まっていく?」と

さてどうしたものか・・・











まぁ書くと本人に殺されますのでこの辺で(笑)





ちなみに日記の存在を白状しました。hpの存在も。

という理由から答えは想像してください(笑)