はにわな気持ち。

粘土細工さんの脳内アウトプット

訃報。

朝10時頃起きて、yamんちを出る

曳舟までは結構遠かった



年寄り観光客であふれる浅草をちょっと歩いて昼飯。

うどんやだけどそれなりにうまかった

商店街げなところでせんべいやらお土産を嫁に買っていったんだが

帰りの相鉄で置いてきてしまったのを本厚木付いた時点で気がついて以下略

27日土曜日13時10分頃海老名に着いた11000系の8号車に忘れ物をしたので気がついた人は

たべちゃってクダータイw

浅草みやげですww



※こっから暗い話



自宅に帰ってきたところでおかんよりメール

犬が1匹危ないので来てくださいと



取り急ぎ嫁と娘連れて実家へ



実家ではおかんにだっこされた犬(15)が

痙攣もしていてとっても危なそうだった

病院に連れて行こうと連絡していたら落ち着いた



親父がリビングのテレビを買い換えたらしくセッティングとかやってたら

もう息をしていなかった



ほんの一瞬だった



痙攣も落ち着いて安心してたところで逝ってしまった

最後の気遣いだったのかな



妹が専門学校で実験台?となっていた犬を引き取ってきたのが始まりで

吠えるのを防ぐため、声帯がとられていた妙な犬だった

たぶん7,8年前だと思う

すでに実家にいなかった僕は実家に帰ったときしか面識がなかったけど

妙に太っていたイメージがある



去年猫が一匹亡くなった時に同時にやばかった

ただ、生きたいという意志があったのか、猫と一緒に行きたくなかったのかはわからないけど

約1年生き延びたことになる

もともと高齢でウチに来たということもあり、若かりし頃は知らないが

他の犬猫とも共存できていた



もう15年も生きたんだね

苦しかったね

おつかれさま。

そしてありがとう。