はにわな気持ち。

粘土細工さんの脳内アウトプット

書きたいことを書こうか

我慢できないので書きたいことを書こう



そろそろいろいろ我慢できなくなってきたので書きたいことを書きます。

見たくない人はブラウザバック推奨。

読んで不快になっても責任取りません。



















































さて、僕は基本的に女性の社会進出に反対です。

少子化問題が騒がれている昨今、このままだと人口は減り、年金ももらえないという状況で

夫婦二人から産まれるコドモは0〜1人と トータルでは人口減という状況が続くわけです



二人目三人目とならないのは、収入が少ないからというものあるが

子育てをするべき母親が通常の仕事に就いていることが原因だと考える。

父親が子育てをするべきという意見が出ると思うが、構造上そういう風にできていない。

どんなに父親が介入しようとも母親でなければできない子育てというのは確実に存在する。



父親の収入が少ないからという理由で働く人もいるが、単に働きたいという人も多く

保育園の問題等々もあり、二人目どころか一人目すらつくらないという状況になる



じゃぁどうすればいいのか



何のことはない。昭和の高度成長のように母親は家を守り、父親は外で稼いでくるというごくごくシンプルな体制に

戻せばいいだけだ。

実際、その頃は人口も爆発的に増えて団塊の世代と呼ばれる塊が出来るくらいだ。

そんな昔のこと言われてもと言う人もいるだろう



でも、よく考えて欲しい。

人間以外の生き物の大半は父親が餌(収入)を稼ぎ、母親が子育てをするという構造だ。

それで種が反映してきた。

人間も昭和中期までは同じように発展してきた



人口減が騒がれた平成の世の中。上っ面のへりくつだけこねて

後先のコトを考えず行動する人が増えた



その結果、人口は減り 人口増を見越して始まった年金制度は破綻しかけている



このままだと払った物すらもらえないという自体になり、悪循環が進んで取り返しの付かない状況になる。

一刻も早く人口増に向けた対策をしないといけないのだが、残念ながら今の人たちはそういう意識がない。



自分の両親にも跡取りはいらないと言われ、家系が滅びることはしかたないことと片付けられた

そりゃあんたらはもう役目を終えたからどうでもいいだろうが、先行きが不確定な僕らの世代については死活問題である

残念ながら某嫁は僕のことが視野に入っていないようなので

いろんな意味で終了である







だが、僕は諦めたくない。



今後必要なことは何だろうか